蝉の助け方


蝉時雨。


この夏、暑いからか、

弱った蝉にもう二匹も出会いました。


一匹は数日前。

地面に普通に羽を上に向けて。

落ちてた。


軽く羽に触ってみると…

キキキ。と、飛んでいった。

生きてた(^-^)/


もう一匹は昨夜。

仰向けに白いお腹を上にして……

もう死んじゃってるかなぁぁ


ここからが蝉の助け方です(=^ェ^=)


人差し指をそっとそっと、

上になってる足の上に乗せるのです。


自力で蝉が捕まってきたら、

もう大丈夫。

指をひっくり返して。


蝉とご対面です。

やっぱりキキキって。


そのまま、歩いて

いい木を見つけて。

そっと、離す。


自分で木に移っていくのを待ちます。


もう少し長生きするんだょぉぉ。

キキキ。


15日と言われてる、蝉の一生。

まだ蝉が鳴き出してから、15日たってないですものね。


暑中お見舞い申し上げます。


Herb 🌱 おん

アトリエおん🌱


福岡県久留米市御井朝妻1丁目1ー6太平ビル2F

08039788800

herb.onn.onn.onn@gmail.com

天体観測




肉眼だと、もう少し赤色に見えます。

南の空に。

火星。


星を見ると、目がよくなると聞いたことがあります。


おん は、眼鏡はひとつももってないのですけどね。

裸眼。視力はいいのです。


こどもの頃は、星座表をもって、

屋根に登っていつまでもいつまでも、

星を見てたなぁ。


ただ見てた。

なにも考えずに。


夏の夜空。

深夜にお届け。

少し涼しく感じますょ。


Herb 🌱 おん

アトリエおん🌱

微笑みの国タイへ 桔梗の花を


洞窟内でも、病院のベッドの上でも

自然と手と手を合わせる仕草が印象的でした。


酸素も薄くなり、危機的な状況だったのですね。


指揮官、ダイバー、医師、技術職の方々のチームの力。

なによりも、全員助かった。

感動を、小さな地球儀にお花を添えて。


桔梗の花は、とても縁起

のいいお花だそうです。

けれど、この花の咲く頃

亡くなったお世話になったご年配の方も思い出す、どこか切ない花。


感染症。

目に見えないから。

知識がないと、命を落とす。

もちろん、薬もないと困りますよね。


お昼寝タイム~(-.-)Zzz・・・・

あ。暑いときは、働かないがいいですょ。

朝や夕方から。

頭もボーッとするでしょ?暑いと。


そうもいかないかな……


Herb 🌱 おん

アトリエおん🌱